盛岡冷麺にスイカが入っているわけ

今日は、久々に友達とランチをしました。
毎日暑くてあまり食欲が出ないので、冷たくてさっぱりしたものが食べたくなり、盛岡冷麺を食べました。
盛岡冷麺は、焼き肉屋さんでシメに注文することが多いのですがお昼に食べるのにもちょうどよいボリュームだと思います。
冷たい麦茶をぐびぐびと流し込みながら、あっという間にツルツルッと平らげてしまいました。
友達はなんと、盛岡冷麺を食べるのが初めてだとのことでした。
弾力の良い透き通った麺にびっくりしつつも、「美味しい!美味しい!」と喜んでいました。
でも「なぜ、スイカが入っているの?」と訊かれて私は答えられませんでした。
二人で話しているのを小耳にはさんだ店主さんが「盛岡冷麺は、在日韓国人が韓国の冷麺をここで再現したのが始まりなんだよ」と教えてくれました。
リマーユシャンプー 成分

なるほど、そういえば、焼き肉だって韓国料理のイメージがあります。
そして韓国料理では、冷麺にスイカ・梨などを入れる習慣があるため、盛岡冷麺にもスイカが入っているのだとか。
なるほど、そういうことだったのですね。
中華料理の酢豚にも甘いパイナップルを入れたりするので、韓国や中国の方は、おかずの中に甘い果物をアクセントに入れる習慣があるのでしょうね。

コメントは受け付けていません。